独立の手順

独立の手順

>独立開業計画を立てるときの参考として、独立必要で以外と忘れがちなことをあげておきます。

独立開業するときの手順としては、まず、社会保険の手続きについて忘れずに行っておきましょう。

脱サラの場合、雇用保険に入っていたわけですが、独立開業するための退職の場合、失業手当はもらえません。

しかし、起業するということで、雇用保険から給付を受けられますのでがっかりすることはありません。

私はこのことを知らなかったので、もらわずに独立してしまい、損をしたなと今となっては思います。

少ない開業資金でしたので、それがあったらどんなにありがたかっただろうと思います。

次に、国民健康保険の手続きや、国民年金の手続きも必要になります。

また経営者には退職金はありませんから、小規模企業共済制度を利用して退職金積み立てておくようにするといいでしょう。

脱サラ独立開業の場合は、社会保険の手続きなども重要

いざ独立開業する場合、もし会社員から脱サラしていう場合は、社会保険などの事もしっかり頭にいれておきましょう。

事業やビジネス、資金の事ばかり考えてしまいがちで、家族にも重要な社会保険の手続きを忘れてしまいがちであるので、注意したいところです。

国民健康家兼に切り替えなければなりませんし、これが保険料は全額自己負担で会社が半分持ってくれるわけではないので、結構な金額になりますし、前年の収入は元に着ますので、事業を初めて収入がなくても、結構、年間30万とか40万とかになることもあります。

また国民年金の手続きが特に要注意で、世帯主が支払いますが、夫婦の場合、妻の手続きは別に必要になるので、自分のだけでは済みません。

サラリーマンの妻だと支払いはありませんが、これを手続きして、妻の分は別に払わなければなりません。

また利用したいのが雇用保険で、退職して、失業手当をもらう代わりに、独立開業する人にも、手当の支払いがありますので、忘れずにもらいましょう。

さらに民間の色々な保険の見直しについてもけんとうしましょう。

独立の手順関連ページ

通信講座で独立能力強化
独立開業や企業を目指す方に役立つ情報。開業資金や運転資金の調達のためのビジネスローンの情報やも独立に役立つビジネス情報など
飲食店開業には許可申請が必要になります
独立開業や企業を目指す方に役立つ情報。開業資金や運転資金の調達のためのビジネスローンの情報やも独立に役立つビジネス情報など
開店祝いや就任祝いには蘭を贈るのが定番
独立開業や企業を目指す方に役立つ情報。開業資金や運転資金の調達のためのビジネスローンの情報やも独立に役立つビジネス情報など
自宅をオフィスとして開業すればリスクは少ない
独立開業や企業を目指す方に役立つ情報。開業資金や運転資金の調達のためのビジネスローンの情報やも独立に役立つビジネス情報など
公認会計士ですら、就職難
独立開業や企業を目指す方に役立つ情報。開業資金や運転資金の調達のためのビジネスローンの情報やも独立に役立つビジネス情報など