独立開業ビジネス知恵袋

起業したら、取引先などの担当者の役職への就任とか

新しい店舗の開店とか、そういったお祝いの場面に遭遇するはずです。

そんなとき、より取引を盛んにするためにお祝いを贈るというのは重要なことですから、

御祝いの贈り物についても知っておくべきことで、ビジネスマナーともいえます

就任の御祝や過程ンのお祝いの定番は蘭の鉢植えです。

いちばんあたりさわりがなくて、飾って楽しめる蘭は縁起がいいですし、ステータスのある花ですから、御祝いに差し上げて失敗することはないでしょう。

続きを読む≫ 2013/02/15 10:34:15

正社員から滑り落ちて、ほかに選択肢もなくて、独立開業しなければならない状況になることがあるかもしれませんし。

いまや家族をもてば、夫婦で働いてようやく生活できるレベルの日本になってきています。

収入格差はどんどん広がるばかりですから、低収入に絶えるか、自力で別に収入源をつくるかしかないと思います。

どんな状況になってもいいように、今とくに問題ないのならば、その間に少しでも自力で稼ぐ能力を強化しておくべきでしょう。

それが在宅副業にも役立つかもしれませんし、定年後の収入源となるかもしれません。

独立開業資格通信講座のようなものでどんなものがあるのか知ることができますので参考にするといいでしょう。

続きを読む≫ 2011/10/27 12:16:27

最難関で、社会的地位も高い二大、独立開業資格といえば、弁護士と公認会計士だが・・・

試験も研修も、認定もとても難易度の高い公認会計士ですら、就職難となっています。

弁護士も、数が増やされてから、営業力がないと大変そうですが・・・。

この2、3年で合格者が急増した公認会計士は、リーマンショック以降、企業の需要はなく、また監査法人も、採用を減らしていることから、資格を取っても就職先がないという状態です。

まだ、自力で開業できるようなものであればいいのですが、実務を積まなければ役に立たない資格であることから、苦労してお金時間と労力を使って、

それで独立開業できない資格となれば、これほど悲惨な資格はありませんね。

もっと簡単にとれて、独立開業に役立ちそうな資格がほかにありそうです。

難易度の高い資格を時間をかけて取得しても、独立開業という面でみたら、あまり意味はないと考えると、事務に必要な、簿記とか・・・

そんなものを取得したほうがビジネスには役立つかもしれませんね。

ネットで稼ぐならば、資格よりもスキルと実践経験ですしね。

続きを読む≫ 2011/10/25 13:31:25

飲食店での独立開業は、とくにこれといったビジネスノウハウを持たない会社員の脱サラではとても人気です。

独立してお店を開こうとした時、飲食店開業には、許可というものが必要で、個人事業開業といえど、この許可がないと、営業ができません。

許可は、条件がととのっていれば、誰でも受けられるのですが、現地確認をするために保健所が見に来ますので、書類上の用件だけととのえておけばいいわけではありません。

また、定期的に更新のために、保健所が現地確認にやってきますので、衛生状態などを常に保っておかなければなりません。

もちろん何か疑惑や通報があれば、抜き打ちの調査もあるでしょう。

もちろん、許認可以上に、食を扱うと言うことは、人の一のにも関わることにもなるので、安全で衛生的な環境を維持することは当然のことではありますがね。

飲食店の開業は、店舗を持つ場合開業資金もたくさんいりますし、食中毒など出したときの損害賠償など、また日を扱うため、出火の心配などもあり、

けして楽な商売ではありませんので、安易に、脱サラ独立開業したいけれど、飲食店ぐらいしかないからという理由で始めるのやめたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2011/08/27 16:23:27

>独立開業計画を立てるときの参考として、独立必要で以外と忘れがちなことをあげておきます。

独立開業するときの手順としては、まず、社会保険の手続きについて忘れずに行っておきましょう。

脱サラの場合、雇用保険に入っていたわけですが、独立開業するための退職の場合、失業手当はもらえません。

しかし、起業するということで、雇用保険から給付を受けられますのでがっかりすることはありません。

私はこのことを知らなかったので、もらわずに独立してしまい、損をしたなと今となっては思います。

少ない開業資金でしたので、それがあったらどんなにありがたかっただろうと思います。

次に、国民健康保険の手続きや、国民年金の手続きも必要になります。

また経営者には退職金はありませんから、小規模企業共済制度を利用して退職金積み立てておくようにするといいでしょう。

続きを読む≫ 2009/10/01 17:10:01

自宅開業でスタートすれば、家賃などの支払いの支払いの経費がないので、継続して行くことに関するリスクは少なく、精神的にもとても楽です。

もっとも自宅をオフィスにするのではビジネスがやりにくいということもあるかもしれません。

そんな場合は仕方がないので、レンタルオフィスを借りるという方法で経費を抑えるといいでしょう。

自宅をオフィスにすると、通勤時間や、交通費も削減できるなど、事業継続のコストがとても下がりますので、独立開業に踏み切るときも楽だと思います。

もっとも、自分の持ち家や家族所有の自宅でない場合、結局家賃という経費は存在するので、その場合は同じ事ではありますが。

ただ家族が住む家だと、家族に迷惑がかかるようなこともあるかもしれませんので、家族の承諾などはちゃんとえておきましょう。

つなみに自宅でも、会社設立の本店住所の登記として使う事ができますので、法人設立にもなんら支障はありません。

続きを読む≫ 2009/09/26 17:50:26