独立開業ビジネス知恵袋

一人で起業する場合、自由になでもできるので、複数で起業するよりも気楽なのは確かです。

しかし一人の独立開業の場合、全部自分でできるとは限らないので、外注などのコストが多くかかる可能性もあります。

それを考えると、パートナーが欲しいところ、アイディアがあるか、それを現実する議重がないとか・・・

デザインがてきないとか、そういうことを一緒に商品開発できる、同じような独立開業者がいればと重うこともあると思います。

そんなとき、是非お勧めしたいのが、コワークスペースというところです。

個人事業開業者などが合同で仕事をするワーキングスペースのことで、そういうと、レンタルオフィスをイメージするかもしれませんが、ちょっとそれとはちがいます。

続きを読む≫ 2016/10/31 11:07:31

今の自体のことですから、リスクを低くして独立開業をしないと

再就職をすることはとても大変です。

また失敗したときに多大の借金が残ってしまうようでは、再起も危なくなります。

ですから、自宅を営業本部としてビジネスを始められればリスクも資金も低く抑えられますね。

その一つとして、自宅で学習塾の開業という方法もあるでしょう。

自宅ならば家賃がいらないので少ない生徒でも収益が上がるわげてすから

少子化の中でも有利ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2012/09/12 10:32:12

独立開業を目指すのだったら、今やパソコンで書類作成は当たり前の時代なので、

オフィスソフトぐらいは使いこなせるようになっておこう。

なんでも外注してばかりいては、コストがかかって仕方がない。

独立開業プランの構築にも、ワードなどが使いこなしたいところですし、

企画書の作成には、パワーポイントなどが使えたらいいですよね。

 

OSはとくべつなことが無ければ、マック系でなく、windows7か10あたりがいいです。

またネットビジネスで開業するのだったら、ホームページ作成やWEBアプリケーションの作成などもできるようになっておきたいところです。

通信講座で学ぶという手もありますし、書籍などでコツコツあまりお金をかけずにということも考えられます。

ITスキルがあればあるほど、独立開業には役立つと思いますので、これから独立、起業を目指す人は、勉強しておきましょう。

続きを読む≫ 2012/07/19 17:12:19

今正社員として働いている、一般サラリーマンの方。

パート、アルバイトの実状をご存じですか?

もはや30歳以降になれば、パートやアルバイトでさえ、そう簡単に採用してもらえない時代となっています。

一度正社員を離れたら、それはそれは厳しい現実がまっているのです。

リストラ、倒産・・・それといつどこでやってくるかもしれません。

東日本大震災のように、突然やってくる災害で職を失うことだったありえます。

こんなリスクの高い雇用環境では、雇われるということだけに、力を注いでも、再就職支援を受けても、ろくに仕事にありつけない時代では、生き残れない時代です。

ワーキングプアよりも生活保護をもらう方が、ずっと楽ということで、それで生活している人も居るわけですしね。

このリスクに保険をかけるには、独立開業ビジネスをもつということです。

正社員でいられるのは、運がいいと考え、その正社員で居るうちに、独立開業資格をとっておくとか、スキルを身につけておくとか、できるだけ、自力で稼げる能力をつけておくべきです。

続きを読む≫ 2011/10/28 12:08:28

脱サラ独立開業する場合、FCに加盟して独立開業をするという方も結構いますが・・・

FCでの独立開業の性質をよく考えてその選択肢を選んでほしいと思います。

なぜならば、FCは確かにすでにノウハウの確立したビジネスで、その業種のことをなにもしらずとも一から100間で教えてくれるので、

未経験でも言われたとおりにすれば、ふつうはそれなにに売り上げを上げられるようになっています。

ただ、それは、自分の独立心を満足させるだけの自由度がないかのうせいもあります。

もしとにかく脱サラできればいいというでしたら、それでもいいと思いますが・・・

自分の好きなような思いのまま、自分のアイディアを生かしてビジネスしたいという気持ちが合った場合は、FC加盟は逆に独立という自由を奪う結果にもなるわけです。

たとえば、最近の具体的な話では、期限切れのお弁当を値引き販売できないとか、そんな問題もでていましたね。

コンビニはFCでの独立開業は、FCの中でも確実にある程度生活費が稼げるお勧めの業種ではありますが、もし、独立心が旺盛で、自分のアイディアでどんどん何か新しいことをやりたい・・・というような人には向かないと言うわけです。

同じFCても自宅開業できるような、商品やサービスのノウハウだけを提供するような、代理店制度のようなところもあり、

その場合は、ある程度自由も利くことになりますが。

それでも全て自分の思い通りに、ビジネス方法が選択できるわけではないのです。

続きを読む≫ 2011/08/22 16:36:22

独立開業を夢見る人は多いですね。

しかし、具体的な行動を起こすまでに至らずにいる人も多いようです。
独立開業の第一歩は行動を起こす事です。

それが、結果的に独立開業に結びつかなくても、とにかく第一歩を踏み出す事で、具体的になってきます。

うまく行かなければ方向を変えればいいのですし、最初からうまくいくわけもありません。

もちろん、いきなり脱サラして、収入を無くして独立ということを進めている訳ではなく、独立開業するための準備段階として、具体的な行動ができるかということです。

まずは、独立してからも最低元の生活を支えられるだけの収入を得られるように準備する事です。

それができれば、独立のスタートも楽にできるでしょう。

もし貴方に十分に独立までの時間がとれるならば、開業資金のほとんどかからない、ネットビジネスにトライしてみてもいいかもしれません。

ただ資金がかからず始められるビジネスほど、手間と時間がかかることはしっておいてください。

アフィリエイトなどは、作業量を必要としますので、挫折する人もおおいです。

多少でも資金をかけられるならば、コストをかけて収入を生み出す方が独立できるだけ収入にする時間が節約できるかもしれません。

とにもかくにも、まずは収入源となる独立開業ビジネスを見つだすことが第一歩です。

続きを読む≫ 2010/06/03 05:31:03

現在会社員で、脱サラして独立を考えているという場合、まずは独立後の生計を立ててから、脱サラした方がいいでしょう。

いきなり脱サラして、独立計画道理にいかなっかったということになっても、再就職が困難な時代ですから、それではリスクが高くて、踏み切れないと思います。

在宅でできる仕事、ビジネスであれば、自宅に帰ってから作業できますから、そのへんから始めてみるといいでしょう。

つまり在宅副業を本業と平行してやっていくなかで、軌道に乗ってから脱サラに踏み切るべきではないかということです。

在宅副業からそのまま自宅開業してもいいでしょうし、脱サラを期にオフィスや店舗を構えてもいいでしょう。

すでにアル程度の収益ができているのならば、それも怖くなくスタートできると思います。

続きを読む≫ 2009/09/28 17:56:28